いろんな人の筋肉トレーニング方法

エグザイルの筋力トレーニング方法

筋肉トレーニング,方法

 

エグザイルの筋力トレーニングの方法は、TRXトレーニングです。TRXトレーニングとはアメリカが開発していて、パラシュートのロープや自分で持っている軍事用のバッグを使ってトレーニングを行うように応用された筋力トレーニングです。

 

一般的に筋トレはダンベルやウエイトを使って行いますが、動きが単調になるのでそれはあまり実戦向きな動きではありません。TRXトレーニングなら場所や角度に関係なく、自分の身体を使って負荷を変えられるので、自然な動きでトレーニングが出来ます。

 

エグザイルの筋トレメニューの中には、スライドボードを取れ入れています。スライドボードはスピード選手が利用するトレーニング器具で、ボードの上で上体を維持して下半身の低い姿勢を保ち左右にスライドしたり出来ます。

 

ダンスの時にはバランスを保ったり、低い姿勢を保ったりするため、とても重要な筋トレです。大殿筋や大腿四頭筋やハムストリング等の筋肉がバランスよく鍛えられます。普通の人が行うと、全身筋肉痛になる事がほとんどです。

 

下半身だけではなく、腹筋や背筋等の全身の筋トレを行うのにも有効的です。また、体幹トレーニングも重要で、ダンスでは体幹を強化する必要があります。なので、エグザイルはバランスボールを使ったりして体幹を鍛えています。

ゴールキーパーに必要な筋力トレーニング

筋肉トレーニング,方法

 

ゴールキーパーの人に必要な筋力トレーニングには、瞬発力とジャンプ力と体幹があります。瞬発力を鍛えるには、ニーアップジャンプと言うトレーニングがあり、一般的にはジャンプスクワットの事です。手を高く上げて飛び上がり、膝も上方向に引き上げる動作が基本のトレーニングです。

 

横方向の瞬発力は、サイドステップで鍛えられます。簡単に言うとカニ歩きの事で、これらの2つのトレーニングを併用する事で効果的になるのが反復横跳びです。前方向の瞬発力は、重力を利用したトレーニングです。

 

それは前方に動き出す動作を繰り返す事で鍛えられます。後ろの瞬発力は、前方向の瞬発力を鍛える方法のやり方の反対で、後ろに動き出すようにします。ジャンプ力はジャンプスクワットで、腕立て伏せとジャンプを併せて行うのも良いです。

 

ゴールキーパーは俊敏なジャンプ力が必要になるため、寝転んだ状態からジャンプしたり、手を高く上げてジャンプしたり、手を地面に付いた状態からのジャンプする等の動きが求められます。このためにも、ジャンプ力を鍛える事が必要です。

 

これらの動きが出来るようになるためには、体幹が鍛える必要があります。体幹を鍛える方法には、寝転がって上体をおへそを見るように起こし、両足の膝を曲げて上に上げるというものがあります。この状態を5秒間キープすると腹筋が鍛えられ、体幹を鍛える事にも繋がります。

プロレスラーになるための筋力トレーニング

筋肉トレーニング,方法

 

プロレスラーになるための筋力トレーニングには、腕立て伏せと腹筋と背筋とスクワットとブリッジとマット運動があります。この筋トレは入門テストの時に行うので、事前にトレーニングを行っておく必要があります。1番重要になるのがインターバルで、腕立て伏せが終わって次のメニューにいくには15秒くらいが丁度良いです。

 

入門してからは本格的な筋トレを行うようになり、1週間に1〜5日程度行います。正しいフォームで筋トレを行い、筋肉に限界が来るまでやるようにすると良いです。ヒンズースクワットを行う場合は、200〜500回くらいを綺麗なフォームで行うのが大切になります。

 

ランジスクワットはヒンズースクワットの後に行う場合が多く、少々キツイと感じます。ジャンプスクワットは、慣れるまでに少し時間がかかります。腕立て伏せは同じフォームの腕立て伏せだけを行うのではなく、パターンを変えて10セット程度行います。

 

プロレス式の腕立て伏せはライオンと呼ばれていて、20〜30回を3セット程度やります。タオル引きは、背中の筋肉の広背筋を鍛えるのに有効的で、タオルを引っ張るため二の腕の筋肉も鍛えられます。他にも様々なトレーニングの方法があり、慣れるまでは大変ですが、諦めずに続けていきましょう。

ウルトラメタブロックサプリの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく痩せたい方はトップページのウルトラメタブロックサプリも確認してみてください。